電話:093-581-8985

FAX:093-980-1923

pyramidjp@pecs.com

教育へのピラミッドアプローチ

アンドリュー S. ボンディ, Ph.D. & ロリ・フロスト, M.S., CCC/SLPにより開発


※※オンライン登録のお支払いはクレジット決算と銀行振込からお選びいただけます。受講料5%オフはクレジット決済の方が対象となります。

 このワークショップは、ピラミッドアプローチの要素と考え方を導入しようと考えている学校の教員や施設の職員の方にとって役立つものです。

 ピラミッドアプローチとは、効果的な指導環境を作り出すための指導の原則であり、近年、自閉症や発達障碍を持つ子どもから大人への教育支援の方法として注目されている、応用行動分析(ABA)の考え方が基盤となっています。このアプローチでは、自閉症や他の発達障碍を持つ子を指導する際に大切な要素が9つ示されており、その9つの要素がピラミッドの立体図形で表されています。このワークショップでは、その9つの大切な要素を解説します。ピラミッドアプローチの要素を専門家チームや教室に取り入れることにより、効果的で実践的な施設や教室運営が可能となることでしょう。

学ぶ内容

  • 『指導内容』として大切な4つの要素:@機能的活動、A強力な好子、B機能的コミュニケーション、C状況にそぐわない行動の概要
  • 『指導方法』として大切な4つの要素:@般化、Aレッスンの種類、B指導方略、Cエラー修正の概要
  • 効果的な指導ができているかを確認するための方法:データ収集
日程
内容および申込み用紙
会場
定員
オンライン申し込み

 


Picture Exchange Communication System®, PECS®, Pyramid Approach to Education® はアメリカ本部 Pyramid Educational Consultants, Inc.の登録商標です。

ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社
〒803-0835 北九州市小倉北区井堀3-6-32
電話; 093-581-8985 Fax: 093-980-1923